看護師は勤務先によって勤務形態や待遇が異なっています

看護師の勤務形態について

看護師には、転職を希望する人が多くいます。なぜなら、勤務先のタイプが多く、それぞれ勤務形態や待遇が異なっているからです。
たとえば入院患者のいる病院の場合、24時間体制で患者を看護する必要があるため、日中の勤務だけでなく夜間の勤務も要求される場合が多いです。いつ産気づくかわからない妊婦がいる産婦人科や、事故などで突然患者が運び込まれてくる可能性がある救急病院などでも、夜勤が必要になってきます。しかしその分、手当が支払われるため、収入は高めになります。
一方、入院設備のない病院の場合は、勤務は基本的に日中のみとなります。また、休診日にはスタッフ全員が休みとなる場合が多く、休日出勤はありません。しかし当然ですが、夜勤手当や休日出勤は支給されません。

多様に広がる看護師のお仕事

また、看護師が勤務するのは医療機関だけではありません。学校や企業の医務室でも、勤務することができるのです。これらの場合、入院設備のない病院と同じく、基本的に勤務は日中のみです。しかも感染症や重病人が来室する可能性が低いため、自身が感染するリスクは少ないですし、それほど高度な医療技術も要求されません。それでいて待遇は良いことが多く、特に企業の医務室勤務の場合は、その企業の売り上げに応じて、多くのボーナスが支給される可能性があります。

転職は働き方を考えるチャンス

このように、勤務先によって勤務形態も待遇も大きく異なっているのです。そのため、自分が何を希望し何を重視するかによって、勤務先を決めることになります。ただし学校や企業の医務室勤務は、募集が少なく倍率が高いです。自分が就職をするタイミングでうまく募集があるとは限らないので、まずは他の勤務先で働きつつ、募集があった場合に転職をするという看護師も多くいます。